オプション装備品・ウェア

 

ストック(トレッキングポール)

一本のみで歩行のバランス確保に、ダブルでバランス確保と過重の分散に使います。ダブルの場合特に重い荷物を背負っている際、過重のかなりの割合を腕を伝って分散するので非常に効果があります。また下りでは膝への負担を軽減する効果もあります。但し伸縮式のストックの場合は長さ調整後の締め付けを十分に行わないと思わぬ事故に繋がります。いずれにせよストックに頼り過ぎないことが重要です。両手を使う岩場などではこまめに畳んでザックに収納する習慣をつけましょう。
慣れないので使いたくないという方でも、万が一の時には松葉杖代わりになるので、1本はザックに取り付けていると良いでしょう。

ゴーグル

冬期に風雪の中で行動する場合に視界を確保するために使用します。サングラスの代わりにも使用できます。

目出帽

冬期に風雪が激しい場合や寒気が厳しい場合に顔面の保護に用います。ウールやフリースのキャップとネックゲイターの組合せでも代用できます。

オーバー手袋★(積雪期のみ)

冬期に寒気から手指を守り、雪による手袋(インナー)の濡れを防ぐ役割があります。インナー手袋の上にはめるものと最初から一体になったタイプのものがあります。

アイゼン★(積雪期のみ)

残雪期を含む積雪期に登山靴に装着して雪面登高に用います。4本爪タイプから6本、10本、12本爪タイプに分けられます。4本爪~6本爪タイプは軽アイゼンに分類され、主に夏の雪渓歩行用あるいは残雪期の低山歩行用に限定して補助的に使用します。中級山岳から高山の冬期登山には靴のサイズに合わせ10本爪と12本爪タイプを使います。

スノーシュー・ワカン

平地から高山まである程度以上の軟雪のラッセルが必要な場合に使用します。かつてはワカン(輪かんじき)が主流でしたが、現在ではスノーシューの性能が良くなり、高山でも使用可能なものが各メーカーから出ています。ワカンなどよりも 浮力が高く、平地でのスノートレッキングなどにも活用できるので、一つ持っていると重宝しますよ。

ストーブ・クッカー(調理器具)

シーズンを通じて小屋泊まりやテント泊の際の調理に欠かせない道具です。ストーブはガソリン燃料タイプのものとガスカートリッジ燃料タイプに分けられます。夏期の長期山行の際にはガソリンタイプかガスカートリッジタイプを、冬期にはガスカートリッジタイプをお勧めします。ガソリンタイプは燃焼力が強く、器具によっては通常のガソリンも使用できるため、燃料の入手が楽であることがメリットです。半面着火に時間がかかることと燃料の取扱いに危険をともないます。ガスカートリッジタイプは着火もスムーズで取扱いも比較的安全であるため、冬期テントの中で使用する場合は重宝します。半面火力に劣り、ガス消費が早いので、長期山行の際にはボンベを多量に持つ必要があります。器具によっては自動点火でないものもあり、ライターも必需品です。
クッカーは一般的にコッフェルと呼ばれアルミとチタン製のものが主流です。チタンは軽いのが長所ですが、熱いものを入れると本体が熱くなりすぐに飲めないのが欠点です。
サイズや器のセット数など様々な種類が選べます。

投稿日:

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.