公募ツアー

残雪期特集:「春山に登ろう!」

四月も中旬になると山麓の雪はすっかり消え、ゴールデンウィークを迎える頃になると高山にも春の気配が漂います。
徐々に稜線の雪も消え、山肌は雪渓の白と岩尾根とのゼブラ模様に彩られ、ある意味冬と夏が同居するかのような不思議な印象も感じます。
日差しがあれば日中の気温は急上昇、半袖でも過ごせるかと思えば、一旦天気が崩れればまた冬に逆戻りするのがこの季節。
気象遭難には最も注意が必要な時期でもあります。
冬装備は欠かせませんが、少し緩んだ雪の感触や芽吹きそうな灌木の梢に春の気配を感じながらこの季節ならではの静かな山頂を楽しんでみませんか?

「初心者のための春山登山教室」ではこの時期に比較的登りやすい積雪期の高山を安全なルートを使ってご案内します。
「硫黄岳登頂コース」は美濃戸から、「天狗岳登頂コース」は唐沢鉱泉からアプローチ。
どちらも天候の安定した日にしか催行しませんので安心です。
アイゼンやピッケルの基本を学びたい方、春山の心地よさを体感したい方、ぜひご参加ください。

 

初心者のための春山登山教室「硫黄岳登頂コース」

「硫黄岳登頂コース」コース詳細

 

初心者のための春山登山教室「天狗岳登頂コース」

「天狗岳登頂コース」コース詳細

 

早春特集:「フラワートレッキング・花紀行」

「ミステリーツアー・スプリングエフェメラルを求めて」

春の妖精に出会えるかもしれません!

「スプリングエフェメラル」(春の儚きもの)、まだ周囲の景色が枯れ色の頃、まっ先に花を付けて初夏には消えてしまうそんな花達をこう呼びます。
カタクリはそんな花の代表としてあまりに有名ですが、それ以外にも早春の山野にはたくさんの「スプリングエフェメラル」が咲き競います。
とはいえ最近ではそんな花達を純粋な自然の中で見る機会はめっきり少なくなりました。
フォレストフィールズではそんな稀少な花々をミステリーツアー形式でご覧頂くツアーを企画いたしました。
花に興味のある方はぜひ一度ご体験ください!

フラワートレッキング・花紀行/コース詳細

 

「倉見山とクマガイソウ」

初夏の里山とクマガイソウの群生地を訪ねます!

大型の野生蘭の代表「アツモリソウ」や「クマガイソウ」。残念なことに今では野生のものを見る機会は殆ど無くなってしまいました。それでも行政や有志の方々が熱心に保護されて私たちの目を楽しませてくれる場所が僅かですが残っています。
そんな貴重な野生ランの群生地を訪ねるとともに、富士山の展望が素晴らしい倉見山に登って初夏の自然を満喫しましょう。

フラワートレッキング・花紀行/コース詳細

投稿日:2018年11月17日 更新日:

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.