ガイド日誌

雪質完璧!雨池スノートレック

投稿日:2012年1月29日 更新日:

お客様をお連れして、雨池までのスノーシューハイキングに行ってきました。

今期初見参の北八ヶ岳。
2,000m超えのスノーゲレンデはやはり下界とは一線を画しますね。
積雪量、雪質共最高のコンディションでした。

心配した天候もピラタスロープウェイに着く頃には青空も広がりまずまずの条件。
山頂駅まで上がるとさすがに気温は低く風もありますが、周囲の山岳を眺めながらの気持ちのいいスタートです。

それにしてもシラビソやコメツガの梢に厚く降り積もった雪が大きく枝をたわませ、ざわめき一つなく佇む静寂の森はこの時期ならではの北八ヶ岳の素晴らしい風物詩です。
そんな北欧的な風景の中、所々で膝上までの深雪を楽しんでいただきながら、雨池までのトレースを辿りました。

雨池は予想以上に積雪量が多いようで果敢に横断を試みたハイカーは腰までのラッセルに悪戦苦闘していました。
そんなアトラクション(?)を楽しみながら昼食を取り、のんびり日差しに照らされた冬の雪原を眺めるのは実に気持ちのいいものです。

帰途、少し荒れ始めた溶岩台地の彼方には南アルプス方面の山々が薄青く遠望され、周囲の酷薄な風景との絶妙なコントラストで一日を締めくくってくれました。

山頂駅で。準備体操中のパーティー。北横岳へ出発してゆきました。

雪の国で。

こんなカナディアンスタイルのハイカーともすれ違いました。トネリコと革紐の古典的なスノーシューにキャンバス製の防寒靴。ウェアも全て天然素材の完璧なトータルコーディネート。

昼食用のお湯を沸かしています。

雨池は雪原と化していました。

帰りに「みつ蔵」に立寄りました。

せいろ二枚が付いて¥1,000也。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.