ガイド日誌

山の花、里の花巡り

投稿日:2012年7月27日 更新日:

少し前になりますが、友人が経営するホテルのご常連のお客様をご案内して浅間山麓を巡ってきました。
ご参加の皆様はどなたも花好きの方ばかり。自らガーデニングを楽しんでおられると聞きました。
園芸種の苦手な小生には少々手強いぞ!

ということでまずはこちらのテリトリーの野草探訪に高峰山方面へ足を伸ばします。
車坂峠のビジターセンターに車を置き、徒歩で黒斑山方面へのんびり散策。ここは歩き出しから高山性の野草が楽しめるちょっとした穴場。
ようやく咲き始めたコキンレイカ、ヤマブキショウマ、ネバリノギランなど見ながらグンバイズルの群生地へ。この花は生息域の限られた希少種なので皆様珍しそうに写真に収めておられました。

この周辺は浅間山の噴火によって出来た地質なので、酸性土壌。クロマメノキやシラタマノキ、クロウスゴ、ミヤマホツツジ、ツガザクラ、ハクサンシャクナゲなどツツジ科の植生が豊富なのも特徴です。

そして嬉しいことにコマクサにも出会うことが出来、思いがけぬプレゼントで最後を締めくくることが出来ました。最近移植されたのかもしれませんが、散策コースでこの花がが見られるのは、健脚者以外の人には朗報ですね。

やはりこの辺りの特産種であるシャジクソウやキキョウ科のヒメシャジン、タカネマツムシソウなどは花期が少々早かったようです。

この後信州の名物ということで小諸の「丁字庵」でお蕎麦をいただき、皆様のたっての希望で「ヴィラデスト・ガーデン&ワイナリー」を訪問、最後に「丸山珈琲」で締めて、楽しかった信州探訪のミニ旅を終了致しました。

ご参加いただいた皆様、本当にお疲れさまでした。

グンバイズル。実の形が軍配に似ているところから。

今まで気がつかなかったコマクサ。色が異様に濃いのが特徴です。

みなさんさっそく撮影。

皆様はくるみ蕎麦。私は天ざるの大盛りをいただきました。

ヴィラデストの花々。名前わかりません

ススキの仲間か?

アジサイの親戚か?

多分シャルドネ。ボルドー液が掛かっていますな。

あこがれのヴィラデスト。皆様嬉しそうですね。

ご存知丸山珈琲。この空間はいつ来ても気持ちがいい。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.