ガイド日誌

霞沢岳耐久山行(3)

投稿日:2012年9月8日 更新日:

三日目は快晴。

昨日の疲れもあり、予定していた焼岳越えは断念。
のんびり上高地散策を楽しむこととしました。

西糸屋前の河原からは六百山方面から差し込む朝日がまぶしい。
そして梓川は常に変わらぬ清冽さで流れ続けています。
ウェストン碑から田代池、大正池と青空の下での上高地を満喫し、霞沢岳からの姿を思い出させる焼岳を横目に、速くも雲の沸き出した穂高とも別れを告げました。

帰途に立ち寄った安曇野は未だ炎暑の最中。
収穫されたばかりの大振りのリンゴをほう張れば、早くも山が恋しくなります。

 

朝食も立派だ。

眼前に聳える六百山。山頂はどこだ?

西糸屋の前で。使用後の写真だけれど、すっかり蘇っている?

日本近代登山の父。若い人は知ってるのかな?

人の想いも知らず、川はただひたすら流れてゆく。

田代池の岩魚君。自由満喫!

「登りたかったね」とか何とか言っている。

おっと失礼!君は誰だ?

僕で~す。

安曇野は「百花」のもりの大盛り。新蕎麦の香りが心地よい。「夜明け前」飲みたかったな。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.