ガイド日誌

櫛形山周遊記

投稿日:2012年9月12日 更新日:

昨日は所属するガイドクラブの公募ツアーで櫛形山トレッキング。
予報通り午後から少し降られましたが、カラマツやツガの巨樹が連なる稜線で、様々に晩夏の森の佇まいを楽しむことが出来ました。
鹿の食害が深刻なこのエリアですが、近年設置された防護ネット内の植生は驚く程に回復していて、咲き残る夏の花達は十分に往年の姿を彷彿とさせてくれました。

終日誰とも会わない静かな山の旅。

 

歩き出しは工事現場を抜けて。

今日もまた落ちてました。()

サルオガセのカーテン。確かにトロロコンブにも見えるね。

水平道を行く。

地衣の森。これ程のものは滅多に無いんじゃないかな。

小型の蘭はいつも可憐だ。

カラマツの巨樹の脇を抜けて。

アヤメ平の惨状。近々に防護ネットが設置されるとか。

裸山での昼食タイム。

K代表定番のキノコ汁。うまい!

森の玉座の胴回りを計測。5人でやっとでした。

苔の森を行く。

櫛形山山頂で。この尾根には二つの山頂があり、紛らわしいです。

スギタケかスギタケモドキか?

キノコ観察会。あくまでも観察会!()

河原撫子。可憐。

帰途に。ナイスタイムカフェでリフレッシュ。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.