ガイド日誌

霧氷の峰で

投稿日:2016年12月31日 更新日:

 

今年もあと数時間で暮れようとしています。

今年最後の山は霧氷に覆われた八ヶ岳。昨日雪山トレッキングのお客様をご案内して美濃戸起点に南沢、中山展望台経由で北沢を周遊し、新雪と樹氷の織りなすまさに白銀の世界をご堪能いただきました。雲ひとつないコバルトブルーの空と白無垢の峰のコントラストが終日変わることなく展開する、シーズンを通じても稀な好天。年末年始を山小屋で過ごす多くの登山者とこの絶景を分かち合いながら今年一年を締め括る素晴らしい一日を終えることが出来たことに感謝です。やはり山はかけがえのない魂の故郷ですね。

今年一年本当にお世話になりました。どうか間もなく始まる新年が皆様にとって素晴らしい年となることを心より願っております。

どうぞ良いお年を!

 

南沢の開景地から阿弥陀岳方面。手前の斜面のカラマツ林の霧氷が朝日を浴びてきれいです。

中間部の霧氷の森。白とブルーのコントラストが恐ろしいほど綺麗でした。こんな景色はあまり見た記憶がありません。

ゲストお二人も写真撮りまくりでした。

霧氷の拡大図。

行者小屋手前の雪原からの風景。横岳西壁がまぶしいほどです。

行者小屋のベンチテーブルも多くの登山者で埋まっていました。この日は日差しも強く、外で食事できるほどの快適なコンディションでした。

中山展望台から赤岳方面を眺めます。

横岳西壁。大同心が目立ちます。

午後の日差しに照らされる赤岳。

逆光となった阿弥陀岳。荘厳な雰囲気ですね。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.