ガイド日誌

風に吹かれて

投稿日:2017年6月17日 更新日:

 

6月10日、11日は恒例の八ヶ岳三座ツアーガイド。初日はめまぐるしく変わる天気に翻弄され、烈風に叩かれる手痛い洗礼を受けましたが、翌日はその試練に耐えたご褒美のような素晴らしい晴天に恵まれ、この時期としては快適すぎる稜線歩きを堪能していただきました。青空の山頂での記念撮影は本当に何年振りだったでしょうか。

 

 

風を避けてあえて夏沢峠ルートを取らずに赤岩の頭へ直接出ましたが、風はかなり強く吹いています。まだ視界があるうちは良かったのですが。

 

硫黄岳山頂直下。ガスが掛かって急激に気温が低下。風も勢いを増すばかりです。この後硫黄岳山荘の手前では進退窮まるほどの烈風となりました。

翌朝は心配した天気も回復。きれいなご来光を眺めることができました。

それでも風は完全には止まず、皆さん完全装備で鎖場に挑んでいます。

最盛期だったツクモグサ。でも画になる株には手が届かないもどかしさ。

この花だけが最盛期でした。コメバツガザクラ。

ミネズオウ。一部の株のみ満開でした。

 

クモマナズナだと思います。

横岳は西東と巻きを繰り返します。

核心の一つ鉾岳のルンゼ。

ここまでくれば展望荘も間近。

赤岳直下の最後の登り。苦しいところです。

こんなに晴れた山頂は久し振り。

文三郎を下ればこの山旅もフィナーレが近づいてきます。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.