ガイド日誌

雪倉、朝日再び(1)

投稿日:2017年8月17日 更新日:

 

8月2日〜5日は再び蓮華温泉を起点に雪倉岳〜朝日岳を縦走しました。

今回はゲストをお連れしてのガイド山行。前回と異なり三泊四日のゆったりツアーでした。初日は蓮華温泉泊なので、翌日からの行程にも余裕があります。まずは蓮華温泉の露天風呂巡り、さすがに女性と同行なので入浴は館内の内風呂でしたが、野趣溢れる露天風呂の佇まいを興味深く見学しました。

 

ヤマアジサイの青花はきれいですね。土壌により色にはいろいろな変化があります。

仙気の湯。ちょうどいい湯温でした。ここからは展望も素晴らしいです。

イオウゴケ。硫化水素の多い所を好む地衣です。八ヶ岳でイオウゴケと思っていたのはやはりコアカミゴケでした。

タマガワホトトギスも多く咲いていました。

館内に掲示してあったウォルター・ウェストンが温泉を訪れた際の写真。どうみても別人のように見えますが。

夕暮れ時には雲も晴れて朝日岳が遠望できました。

 

 

二日目は白馬大池を経由して白馬岳を目指しました。

 

蓮華温泉から白馬大池までは単調な登りが続きます。林間は湿度も高く、多汗をかかされました。

天狗の庭付近に咲いていたコキンレイカ(ハクサンオミナエシ)。

オオバミゾホウズキも八ヶ岳では見ない花の一つ。

白馬大池で蓮華温泉のお弁当を広げてみました。食べ易くグッド!

白馬大池山荘前は多くの人で賑わっていました。下山する人、栂池から登ってくる人が多いようですね。

付近に咲いていたリンネソウの群落。

小蓮華山頂にて。

ミヤマクワガタ。北アルプス型は青みが強いですね。

ミヤマダイモンジソウ。

ヨツバシオガマ。

チシマギキョウも最盛期でした。

ホソバツメクサ。可憐です。

まるで月世界のような小蓮華から白馬間の稜線。

雲の切れ目から望む縦走路。

白馬岳山頂に到着。ガスで何も見えません。ゲストが立っている石の円盤が「強力伝」のモデル、小宮山正さんが担ぎ上げたもの。187kgあるそうです。信じられませんね。

白馬山荘のカフェで一服。

枝豆と生が美味しくてグイグイいけます。

(出会いその一)山荘ではおなじみの徳島のツアーの皆様の懐かしいお顔を拝見することができました。皆さんお元気そうで何よりです。

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.