登山日誌

西穂巡礼二人旅(2)

投稿日:2018年8月5日 更新日:

 

翌日も好天。
少し雲が出ていたので昨日中に山頂往復しておいたのは大正解。

そのまま下山するのも芸がないので、丸山まで軽くハイクアップ。
雲海に浮かぶ我らが八ヶ岳や変わらず凛々しい西穂稜線、そしてここからの展望が抜群の笠ヶ岳をカメラに収めて、満ち足りた気分で西穂山荘を後にしました。

今回初めてのフジケンとの二人旅。
元々裏表の無い男なので、それまでの印象と大きく変わるわけではなかったけれど、これ程酒好きで能弁なのには改めて脱帽。

帰途に立ち寄った蕎麦屋のセレクトも完璧な「できる男」との二人旅でした。

 

朝はカヤクグリの鳴き声が響き渡る。

 

雲海に浮かぶ八ヶ岳連峰。

ケルンと笠ヶ岳。画になります。

この日は薄雲が出て少し鈍い西穂稜線。

撮影に余念がない藤井君。本人曰く足の長さと絶倫が自慢。

プロフィール写真を撮って差し上げました。

いつ見てもいい景色です。

山ではこの時期が花見時。

昨夜の宿り場。貸し切りでした。

-登山日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.