ガイド日誌

白馬岳縦走・季節の狭間の楽園でした(2)

投稿日:

 

二日目も予報を裏切る快晴でスタート。

我らが八ヶ岳と富士山の勇姿も雲海に浮かびます。

朝食もバイキング。やはり量は控えめにします。ゲストの皆さんは食欲旺盛で一安心。

信越国境に上がると剣岳の勇姿が。

この展望、もう言うことは何もありませんね。

 

 

懐かしの白馬山荘。付属のレストランで飲む生ビールは最高ですよ。

高度を上げればさらに槍穂高までの展望も広がります。

山頂で撮影に興じる登山者たち。なかなか順番が回ってきません。

ようやく方位盤の一角を占めて撮影成功。

雪倉岳から朝日岳へ続く稜線。懐かしい朝日小屋も遠望できました。左奥には黒部の市街地と海岸線。

信州側は雲が上がってきましたが、まだまだこの風景が続きます。

来し方を見つめるゲストの皆さん。

小蓮華岳山頂の鉾。

その大きさがわかりますね。

この稜線は日本で最も美しく快適なルート。何度でも歩きたい場所です。

白馬大池が見えてきました。

これが「大池定食」。昼食メニューはこれしかありません。レトルトでいいからカレーだとか牛丼でも置けばいいのに。

テン場も大繁盛。まるでテントの品評会。盗難事件で今話題のテントもありました。

ガスに覆われた大池の神秘的な風景。この後白馬乗鞍を越えて無事下山しました。栂池自然園のサルナシソフトクリームが美味しかった!

-ガイド日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.