登山日誌

樹海を抜けて紅葉の大室山へ

投稿日:

 

大室山に行ってきました。

紅葉はそろそろ終盤といったところですが、麓の辺りはまだブナもシデも美しい紅葉が残り、散り敷いた落ち葉との競演を見せてくれていました。

山頂稜線に出ると適度に雪化粧した富士山が眼前に迫ります。
富士山の展望地は数あれど、多分ここが最も美しいアングルで富士を眺められる最高の場所。
日だまりでお昼を食べたり、写真を撮ったりで、あっという間に1時間近くが経ってしまいました。

緑の樹海を抜け、落ち葉を踏みしめて辿る広葉樹の森。
そして意表をついて現れる迫力の富士。

月曜日(11/18)はツアー催行が決まっています。
是非この機会に参加してみてはいかがでしょう。

 

樹海の入り口では風穴ツアーのオリエンテーション真っ最中。

暫くは樹海を貫く登山道を行きます。

何かに襲われた鳥の残骸。キジバトのようです。

苔のように見える羊歯。コウヤコケシノブ。

大室山のブナ原生林。この佇まいはいつ行っても変わりません。

チドリノキの黄葉。

ミズナラの巨樹の根。このぐらいの大きさになると坂根化しています。

メグスリノキの紅葉。

ブナ、ミズナラ、シデ、etc.。

迫力あるブナの梢。

これぞ正真正銘、フジノマンネングサ。

大室山の山頂標識。気温計完備です。

三角点は山頂標識から10分のところにあります。

ブナの合間からは北岳も。

その先の展望地ではこの近さで富士山と対面。

望遠レンズだとこの大きさまで寄れます。

山体を形成するスコリア。明るいものと暗色のものが見えます。

この倒木は苔に覆われて美しい。

絢爛の美。

ミヤマシキミかな。

-登山日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.