登山日誌

京ヶ倉

投稿日:

 

ここ数年暖冬傾向の年末年始なので、スノープログラムの代替案として目先の変わった山を物色することに。
21日には長野県生坂村にある「京ヶ倉」に行ってみました。

ネットで検索した時点で既に期待が持てましたが、実際に歩いてみても、アプローチのし易さ、適度な歩行距離と難易度、そして展望の素晴らしさでオフシーズンに利用するには最適と思われる山でした。

まだまだ隠れた名山はそこかしこにあるものですね。
これからも希少低山ハントを続けますので、どうぞご期待ください!

 

スタートは上生坂総合グラウンドの駐車場から。

登山口までは経路が複雑なので、いたるところにこの様な手作り標識が付けられています。

この地はブドウの栽培も盛んなようですね。

立派な柿が取り残されていました。だいぶ甘くなっているんじゃないかな。

段上の集落に出ると京ヶ倉と大城のピークが見えてきます。

赤松に覆われた何の変哲のない山にも見えますが。

集落の外れには立派な庚申塚がありました。社の形が面白い。

途中には害獣除けの柵が設けられています。通過後振り返ってみた風景です。奥には有明山、常念山脈が。

舗装された林道が続きます。

登山口。概念図が記された立派な看板もあります。熊の目撃情報もあるようです。要注意!

しばらくは陽だまりハイク。主脈へ突き上げる枝尾根を行きます。

尾根が急登に変わると鹿島槍方面が展望できるようになります。既に真っ白ですね。

そして何と言ってもこのコースの最大の魅力はこの風景。犀川の大屈曲が眼下に広がります。右手にダムがあるためこの水量が確保されています。

左から常念岳、横通岳、東天井岳、大天井岳、有明山です。横通岳の左手前の双耳峰に見えるピーク、気になりますね。

稜線手前の崩壊地。岩質はなんでしょう?

悪い箇所には虎ロープが付けられています。

京ヶ倉が見えてきました。

稜線に出ました。

途中には馬の背と呼ばれるナイフリッジも出てきます。スリリングですが特に問題はありません。

尾根上からの展望。すごいスケール感です。

針ノ木岳や蓮華岳も。

トド岩。流石にここは上を歩けませんでした。

こんなハシゴ場も出てきます。

山頂に到着です。

鹿島槍、五竜方面の展望。白馬岳方面は雲が掛かっていました。

立派な標柱です。

ランチはいつものツナサンド。

これから辿る「大城」方面。

セルフポートレイト替わりに一枚。

こういった由来説明版がしっかりしています。

ソヨゴが多くみられました。

天蚕の繭が落ちていました。こんなふうに葉に包まれているのは珍しい。

下生坂への下山路途中から。

林道に出ます。あとは延々舗装路歩き。

ヨモギの草紅葉も葡萄色で美しいですね。

バスは朝夕の通勤通学時間帯のみ。登山の足には使えません。

アメリカセンダングサの実。子供の頃は「バカ」と呼んでいました。先端が「かぎ状」になっているので、この側を通ると服に沢山付いて閉口します。

面白い峰の形状。養蚕の盛んだった往時を偲ばせます。

淀んだ犀川の流れ。

登山口近くには立派な道の駅がありました。まだ出来たばかりのようです。

-登山日誌

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.