八ヶ岳便り

氷点下12℃。これが普通の北八ヶ岳なんです

投稿日:

 

7日は久し振りの北八ヶ岳スノーシュー。
非常勤で関わるガイド事務所のスッタッフ研修で北八ヶ岳へ。

山麓駅のコンディションボードには「気温-12℃、風速5m」の表示ですが、朝自宅を出る頃の気温が-13℃でしたから日差しがある日中はむしろ暖かさを感じるほど。
雪のコンディションも今期最高の状態で、積雪、柔らかさ共にスノーシューに最適な状況でした。

平日であったものの、やはり今期はスノーシューツアーや登山者が異常に少ないですね。
消費増税、雪不足報道、新型インフルエンザの影響もあるのでしょうか。

この先も暖冬傾向が続くようです。
少なからず心配な事案が増えそうですね。
山麓でのスノーシューツアーは終わってしまいそうですが、北八ヶ岳スノーシューだけはなんとか持ちこたえてもらいたいところです。

 

山頂駅でのスタート写真。

アニマルトラッキングのレクチャー。

テンでしょうか。キツネでしょうか。

こちらはノウサギ。

快晴でしたが、ここは風の通り道。

完全防備です。雪のコンディションは今期一番!

ランチタイム用のシェルター設営。ペンタゴン(五角形)なので一人で張るのは意外に難しい。

人数がいれば早く正確に張れます。

中にテーブルとベンチを作ったら。

あとは温々ランチタイム。この日は日差しがあったのでバーナー無しでも暖かいですが、入り口を閉めてバーナーを炊けばまさに寒さ知らずです。

-八ヶ岳便り

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.