八ヶ岳便り

ようやく畑へ

投稿日:

 

13日は畑作業。
例年に比べ時間は十分にあったにも関わらず、その分普段できない課題を優先し、ようやく取り掛ることができました。

とにかく畑に着いてびっくり。
周りの田や畑の土手は綺麗に草が刈られ、畑の中も雑草一つない中にポツンと島状に緑の区画が目立ちます。
今年は雨が少なく、乾燥状態が続いていたため草の伸びも遅いと思いきや、敵もさる者です。
借主にロータリーをかけてもらっていた部分のみまずまずの状態ですが、ラベンダーなどは草に覆われ所在すら分かりません。
ラベンダーは湿気に弱いので雨の降る前にレスキューしなければ。

ということでブラックベリーの仕立てを終えた後一旦家に戻り、刈り払い機を準備して草刈りにチャレンジ。
なんとか様にはなりました。

とはいえ畑仕事もようやく端緒についたばかり。
これからラベンダーの根周りの除草と土寄せ、トウモロコシやインゲンなどの種物の畝造りと種蒔き、トマトやキュウリ、ナス、ピーマンなどの苗植えと重労働が待っています。

なまった体でどこまで体力が持つか、そんな心配が頭をよぎる今日この頃です。

 

借りている区画。荒れ放題。

ラベンダーのエリアですがこの有様。

こんなところにひっそりと。これで雨でも降ったらイチコロです。

とりあえず草刈り終了。

ラベンダーをレスキューできました。

毎年根元から水平に伸び放題で、せっかく実が付いても大半が葉の下で蒸れて腐ってしまうので今年は立体的に仕立て直しをしました。

ルバーブも盛大に咲いた花の部分をカット。

今年もローズマリーが越冬。昨年からですが、それまで防寒しなければ冬を越せなかったのに、手当なしで生き延びています。どうやら気候変動は確実に進んでいます。

 

-八ヶ岳便り

Copyright© フォレストフィールズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.