「山想」 一覧

ある午後の短い逍遥

2021/1/27  

  1月も下旬だというのに雪の降らない日が続いている。 この傾向は2014年の豪雪を境に徐々に顕著になってきた気がする。 「温暖化極まれり」とこれまで何度も書いてきたけれど、一向に極まる気配 ...

「沈黙-サイレンス」そしてフィルムの色

2020/9/26  

  この夏は随分映画を見た。 といっても全てAmazon Prime Videoである。   秀作駄作様々なものの中で特に心に残った作品がある。 「沈黙-サイレンス」。 2016年 ...

廃村にて

2019/4/11  

  小さな山を越えて廃屋の並ぶ集落へ降りてきた。   今朝は予定より少し遅れて、ローカル線の無人駅を降り、道沿いの家の人に教えられた踏切を渡って、梅が満開の登山口から歩き出す。 山 ...

霧の山稜

2018/9/8  

  月の初めには編笠から西岳の縦走ガイド。 定まらない天候の中、無事に終了して一安心した。 青年小屋ではTさんの独壇場で、ワンマンショーも複数回、深夜まで盛り上がったらしい。 トイレがすっか ...

山桜四態

2018/6/27  

ソメイヨシノの春爛漫。 桜の名所は人の波。 立つは埃か嬌声か。 ここ北杜市でも季節になるとそんな狂歌が聞こえて来そうな桜ブームが繰り返される。 まさに国民行事。 春待つ人の気持ちもわからないでも無いけ ...

翠緑の渓で

2017/6/27  

  南岸に停滞する梅雨前線もここまではおとなしく、降雨予報も外れてばかりいるのは有り難い誤算。 昨日は思い立って久し振りに川俣渓谷を歩いてみた。 常々この渓のいい画像が欲しいと思っていたが、 ...

霧の峠から

2017/6/2  

  峠の駐車場付近で出会ったツアーパーティー以外には誰とも出会わない午後だった。 防火帯の中央に付けられた山道は周囲に小さな花々をちりばめて、カラマツがようやく芽吹き始めた少し荒れた林の中を ...

季節の残像

2016/12/24  

  こんな時期に山を歩いても、命の伊吹を感じることは少ない。ただその痕跡をひとつふたつ拾いながら、「造化の妙」を感ずるばかりだ。それでもそこに美しさが欠けるということではない。老いることでも ...

逝く夏に、あるいは…

2012/9/20  

  家の前のマツムシソウが咲き続けている。 もう二十年も前に父が川上村の知人の別荘の庭にあったこの花の種をもらって播いたものが未だにこぼれ種で細々と咲く。 その知人も父も既に居ない。 中々逝 ...

峠の花

2012/8/30  

峠に差し掛かる少し手前で小さな沢に架かる木橋を渡る。 真夏の日差しに炙られて乾き切った登山道も、埃っぽくうなだれて力無く茂っている林床の夏草も、この周囲だけは水気が充満して季節をひと月巻き戻したかのよ ...

Copyright© フォレストフィールズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.